YO−YO's

top / エッセイNo. 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / profile / 掲示板 / mail to yo-yo



第6回 世の塵洗う四万温泉〜上毛かるた 前編

群馬県は日本国内でも有数の温泉大国です。 県内の至る所で温泉が湧き出でています。
YO-YOは今年のGWに四万温泉(しまおんせん)に行ってきました。
四万温泉と言えば、群馬県内でも草津温泉、伊香保温泉と並んでの3大名湯として膨大な湯量を誇る温泉
地です。

そんな感じで今回はYO-YO'sエッセー番外編、YO-YOの温泉レポートです!

  題して

「湯けむり女二人旅」


日ごろの疲労とストレスを癒すためにYO-YOは高校時代からの親友Nと二人で一泊二日の四万温泉ツアー
を計画しました。 YO-YOはとにかく温泉好きです。あの脳の中から開放される感じがたまらなく好きです。
「ふぉえ〜」ってね。

GWの前半のとある日、親友Nを乗せてYO-YOの愛車でいざ出発!! 目指すは日々の「技工疲れ」を癒し
てくれる大自然に抱かれた大きなお風呂。しかし、TVでは連休中の観光地までの道路の混雑ぶりを繰り返
し繰り返し放送しています。
そこで休みの度にドライブを楽しんでいるYO−YO’両親に裏道を伝授してもらって万全の体制でアクセルを
踏みました。

両親が言うには「この道まで出たら、あとはなにしろ一本道だからっ!」

・・・・YO−YOは日ごろ思うのですが、

【道を知っている人は道の教え方がヘタだ】


これはかなり確信があります。本人は解っているので「あそこで曲がって、少し行ったら左折するの」なん
てかなぁ〜りアバウトに説明されてしまいます。もしくは何回かその道を通らないと気がつかないような目
印を教えられてしまいます。
今回も例に漏れず、何処でどう間違えたか解らないけど親が言う【なにしろ、一本道だから!!】をまんまと
間違えてしまい(原因は、両親のいい加減な説明にアリと見た!!)まあ、間違えついでに当初の予定には
無かった「榛名湖」に立ち寄ることにしました。
榛名湖は赤城山、妙義山とともに上毛三山に数えられる榛名山のふもとにたたずむ静かな湖です。 冬は
わかさぎ釣り客等で賑わいますが、最近では人気の走り屋漫画「頭文字D」の舞台となっていることでも有
名です。
湖畔の土産物屋を覗いてみると案の定、「頭文字D」にあやかった商品が饅頭や漬物の土産物とともに店頭
に並んでいました。 それはクッキーやチョコレートといったお菓子が中心。 現在、榛名湖周辺の土産物屋
にとってこれらの商品は今一番の客引き商品になっていることは、YO-YOの目にも確実に解ります。

ぶらぶらと歩いて、何軒目かの土産物やでやたらと熱弁を振るっている店員に出くわしました。

「これは〜 ウチだけの商品なんですよ〜」

「限定5000個生産で〜」

「シリアルナンバーも0001から5000までちゃんと一つずつ入ってますよ〜」

「限定品」とか「レアモノ」とかにめっぽう弱いYO-YOはかなりの勢いでその商品に目を向けました。
YO-YOの目が捕らえたその商品は「頭文字D」の主人公が乗っているAE86の形をかたどった箱に入ってい
るチョコのお菓子でした。箱の裏を見ると店員の言うとおりシリアルナンバーが明記されていて、側面には

藤原とうふ店の文字。???

この漫画が特別好きなわけでもなく(むしろ読んだことは無い、ペラペラ見たことがあるだけ)、また走り屋で
もない(愛車は世界のカローラツーリングワゴンだし)YO-YOですが、この目の前にある箱にはかなり興味を
惹かれました。


「どーしようかな、買おうかな・・・」と迷っていると、先ほどの店員が、「この前なんかはわざわざ九州から買
いに来てくれたんですよ〜」と。 周りを見渡すとこの箱を両手に抱えている客が・・・・。 「ネットオークション
でシリアルナンバー0086にかなり高い値がついてるらしいですよ〜」と熱く語る店員におされ、YO-YOと
親友Nは結局一つずつご購入。
今もYO-YO’コレクションのコーナーに飾ってあります。

そんな榛名湖を後にして、YO-YOは再びアクセルを踏みました。 目指すは今度こそ四万温泉。レッツゴー
です。榛名湖から四万まではのどかな山間の道を進みます。 ドライブには最適のコースでしょう。

四万温泉に行く前に、またまた少し寄り道を・・・・
YO-YOとNが立ち寄ったのは

「伊参スタジオ」


ここは群馬県が人口200万人突破記念に製作した映画「眠る男」が撮影されたスタジオ、まあ、スタジオと
言っても廃校になった小学校の校舎がそのままスタジオとなったものです。  この「眠る男」と言う映画は、
その当時、今までになかった地方自治体が製作した映画として注目を集めました。



YO-YOは映画が好きです。 でも、ハリウッド的な派手な映画や、前評判がやたらと高い映画は苦手です。
この「眠る男」は小栗康平監督作品で出演者は安聖基、クリスティン・ハキム 、役所広司.・・・・・ 。

群馬県内の大自然が満載、おまけに群馬弁も満載です。 興味がある人はレンタルしてみましょう!

「伊参スタジオ」は「眠る男」以外にもいろんな撮影に使われてます。 校舎の中には撮影をしたアーティスト
の写真や、ゆかりの品、台本などが展示してあり、自分も撮影に立ち会っているような気分になります。静
かな興奮が得られる場所なんです。
「伊参スタジオ」で心の中が豊かな気分でいっぱいになったYO-YOとN。  今度は体の疲れを取りたい!!

そう、目指すは最終目的地、四万温泉です。

つづきはまた次回〜。

YO-YOでした


吠えろ歯科技工士